熱中小学校

熱中小学校は、政府の地方創生交付金の支援を受けながら展開する「社会塾」です。 2015年に山形県高畠町で廃校になった小学校を使い開校したことをきっかけに、全国に順次開校され、北海道では十勝の更別村に開校されました。
熱中小学校では月一、二回程度、ジャンルを問わず地域や社会で活躍されている方々から、時には実習を交えて様々なお話を伺い、その経験の一端を共有しています。


熱中小学校に来ている方々は高校生から御高齢の方まで様々です。若い方々は色々な話を聞き将来の進路の参考としたり、起業を目指す方もいます。社会人やリタイヤした方は自分が経験したことのないことを疑似体験するなどして、見識や人としての幅を広げています。しかし、一番の魅力は人が集うことで色々な経験を持つ沢山の方と知り合うことができ、人脈が広がることです。

人脈を広げましょう 。門はいつでも開いています !!

生徒会ならびに生徒による取り組み

熱中小学校は「社会塾」ですが、小学校と名乗っていることから生徒会があります。生徒会といっても組織立ったものでは無く、生徒どうしのゆるい繋がりがあるだけです。しかし、この繋がりの中にも同じ趣味や興味のあることを追求する部活動や生徒が企画・運営するイベントなどがあります。

生徒会としては、更別村をはじめとして地域の皆さんに熱中小学校の取り組みやその内容を知ってもらう事と生徒の皆さんに更別村の皆さんと広く交流を持っていただくために、実体験を通じた「農業・畜産業を知ってもらうイベント」や「地域の環境を知ってもらうイベント」などを企画・実行しています。

部活動ではクレヨン部、野遊び部、ボードゲーム同好会、呑べい部、ハワイ部、音楽部、ピザ部、EC研究会、チーズ研究会など様々なジャンルのものがあり、それぞれに応じたペースでイベントや情報発信を行なっています。また、熱中小学校にはマルシェやライブ配信が行えるスペースやスタジオもあることから即席のグループによるチャリティーなど生徒の自由な発想でイベントを行ったりもしています。

各部活動の紹介

・クレヨン部

『感動するクレヨン♪』

私たちはクレヨンを作っています。クレヨンと言っても一般に販売されているものと同じものではなく、自然界の植物から丁寧に色を抽出し、オンリーワンの『色』を持ったクレヨンを作っています。石油系の商品が溢れている現代において、自然界の素材にこだわり、オンリーワンの色を手にした感動は、何物にも代えがたく、遠回りでも使う方々に感動や思いを伝えられる色作りを目指して日々活動を行っています。 これからも、私たちクレヨン部の飽くなき探求心とワクワクは止まりません。

・野遊び部

野遊び部は一昨年、釣り部として発足しましたが、釣りだけではなく、広く自然の中で遊ぶことをテーマに据え、名称を変更しました。部の活動としては、釣り、キャンプ、山菜採りなどの各種ツアーのほか、キムチ作りや醤油作りなどのイベントも開催しています。また野遊び部は実際のアウトドア活動だけではなく、十勝のアウトドア情報の紹介や発信も行なっています。以上のように「野遊び」を中心として、みんなで楽しく遊びながら交流している部活です。

・ボードゲーム部(通称 : ボドケ部)

熱中ボドケ部は昨年度に、熱中小からスタートし、授業前後のゲーム活動を通じてボードゲームを広めようとしている部です。熱中小での活動の他、フェスやイベントでの体験ブースを設ける等啓蒙活動を行なっています。興味がありましたら部長の大場まで連絡ください。

・呑べい部

・ハワイ部

・音楽部

・ピザ部

EC研究会

この研究会は、EC(エレクトリックコマース)をはじめ、今後の流通・販売について研究する会で、十勝エリアを中心に、地場産の商品を発見、発掘、開発を行いながら、実際に商品販売を行っています。

・チーズ研究会

チーズ究会は、さらべつ村ふるさと館の食品加工室にあるチーズ製造施設を活用して美味しいチーズの製造方法を勉強し、改良を重ねると共に色々な食べ方を研究する会です。この活動はホームページでも紹介しています。( http://www.cheese-study-group.com )

順次部活の内容を追加していきます。

イベントなどの予定

12月21日(土)10時30分から

一期生の淵山さんが自宅で
「かんたん酢大豆作りと直野菜の黒豆カレーを食べる会」
を開催します。
素朴な酢大豆と黒豆カレーですが興味のある方はご参加ください。黒大豆又は白大豆のお土産付きです。作った酢大豆は持ち帰りできます。
会費は1500円
募集人員は10名
参加申し込みにいては、以下の電話番号あるいはメッセンジャーで
渕山さんまで直接申し込みをお願います。
090-5983-0477(渕山)

十勝さらべつで採れた食材を、さらべつで食べるという価値について考えてみませんか。

雪中運動会の開催予定(1月26日)

熱中小学校の生徒が中心となり、冬の更別村を楽しむ「雪中運動会」を1月26日(日)に開催する予定です。熱中小学校の生徒が中心となって運営する企画で、村民の方の参加を歓迎しています。詳細については現在、「雪中運動会を考えるグループ」の中で纏まりつつあります。
詳細が決まり次第この場でお知らせします。

ご期待ください。

=================================================

来季(第6期 : 2019年10月 〜 2020年3月) の授業スケジュールと内容紹介。

https://www.necchu-hokkaido.com/single-post/2019/08/21/第6期-授業スケジュール

=================================================

(掲載希望の生徒さんは、開催するイベントの内容を100〜300文字以内にまとめ、開催日時、場所、募集人員などと共に、地域の方の参加の可否と連絡先も合わせてお知らせください。また、チラシなどがある場合は、PDFとしてからお送りください。)

ブログ

生徒会、部活動などの取り組みや授業の一コマをお知らせするブログです。

授業の一コマ

11月16日の授業風景

授業1「家庭科」

講師は大塚 健一さん
(ル・ゴロワ シェフ) 

1960年長野県軽井沢生まれ。高校卒業後、軽井沢プリンスホテルに入社、19才からフレ ンチレストランの厨房で12年間つとめる。上京するたびに通いつめた東京・広尾の「プ ティポワン」の料理に魅了され、修業を申し出て同店で2年間つとめ、その後1994年か らは「パパス・カフェ」シェフをつとめる。 
1997年にル・ゴロワを東京・表参道に開店。2006年に東京・神宮前に移転し、それまで 18席だった客席数を29席に増やす。北海道を中心とした食材の生産者とつながりをもっ て、ル・ゴロワ流の「北海道フレンチ」をつくる。 講義の中で、自らが作ってきてくださった鹿肉が入ったパテとピクルスの試食がありました。

授業2「国語」

講師は坪田 知己さん
 (合同会社・Loco共感編集部代表社員/京都工芸繊維大学シニアフェロー) 

1949年生まれ、1972年日本経済新聞社入社、記者を経て、インターネット事業の開発を 主導、「日経・電子版の生みの親」と称される。2003年から7年間、慶應義塾大学大学 院特別研究教授。定年退職後、「共感文章講座」を主宰し、全国で文章指導に当たる。 教え子と共に、編集プロダクション「Loco共感編集部」を設立。「文明デザイナー」を 自称し、文明の研究に勤しむ。著書に『21世紀の共感文章術』『人生は自燃力だ!』 『マルチメディア組織革命』『サービス文明論』など。

ロングホームルーム

講師は福田幸志郎さん
(株式会社 福幸塾 (ふこうじゅく) 代表取締役)

三重県熊野市出身、義務教育の9年間を「学年1人」で育つ。神戸市外国語大学 英米学科卒。高校・大学・教員時代を通して感じたジレンマと、教育への実践・研究をもとに、2010年に「勉強を教えない塾福幸塾(ふこうじゅく)」を創業、塾長を務める。「人生の土台となる勉強」をテーマに、計画、自信、やる気、コミュニケーショ ンなど、「人間の成長」について幅広く探求しながら『自分で学ぶ技術』を指導している。