生徒会企画の体験ツアー第5弾

渕山農場さんにご協力をいただき、山分け型の枝豆収穫体験を9/14日に実施しました。
5月始め、約200㎡の畑に枝豆湯上り娘の種を蒔き、20名を上限として収穫体験への参加を呼びかけました。枝豆の成長と共に体験参加者も増え最終的には19名の参加を得ました。

9/14に収穫。熱中小学校に集合し、各自の車で渕山農場へ移動。
収穫の注意事項や収穫方法のアドバイスを得て、いざ収穫体験。

釜やハサミで収穫した枝豆は、10株をひと束として縛ってまとめ、運搬用の軽トラへ積み込み、集積場所へ運搬。
収穫が終わり記念写真。

集積場所へ移動し、いよいよ山分けの始まり。
最初は、各自5束を、次に3束をという具合に参加者自らが束を選び、自分の車へ積み込むと言うスタイルで山分けを行ないました。

各自の車へ積んだ量はすごい量でした。

山分け終了後、渕山さんから枝豆の処理方法や保存についてレクチャーを受け、解散。

渕山農場さまには種まきから収穫までの管理等、色々お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

中村俊昭先生のチャリティ展追加開催

8月24日.更別熱中小学校敷地内「マルシェ」で、恩師中村俊昭先生の2回目のチャリティ展を開催致しました。チャリティ展の主旨に賛同頂き絵やレリーフをお買い上げ頂き誠にありがとうございます。     

また多くの方からご寄付も賜り感謝致します。皆様から寄せられた善意は、来年、市民ギャラリーにて開催します遺作展(8月6日~11日)の支援金として奥様へお渡しいたしました。

本当にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

生徒会企画の体験ツアー第4弾

更別村家常牧場さんと今村牧場さんにご協力をいただき「十勝の酪農の今昔と未来について」と題した体験ツアーを8月24日に行いました。熱中小学校の生徒や理事、講師を含め20名が参加。

家常さんから更別の平均的な酪農の規模、牧場での作業や餌の管理、牧場で使用する機械などについてそれぞれの場所で解説と質問への回答をして頂きました。

今村さんからはロボットを導入した近代的な酪農のについて説明いただき、実際の自動給餌器、自動搾乳機等の機器や作業の様子を見学させていただくとともに、数々の質問に答えて頂きました。

家常牧場さん、今村牧場さんには、大勢で押しかけ上、時間の限られた中での対応して頂き誠にありがとうございました!

熱中小学校に戻り、家常さんが用意してくれた牛乳を使い、手作りバターの作成を行いました。

体験時の動画